2017年11月25日(土) 03:17 JST

CEAS入手条件

更新:2010年9月10日

CEASには,CEASバージョン2系,CEASバージョン3系,CEAS/Sakaiの3種類のソフトウェアがあります.
CEASバージョン3系およびCEAS/Sakaiは、Educational Community License, Version 2.0に従って提供いたします.CEASバージョン3系およびCEAS/Sakaiに含まれるCEASサブシステムの知的財産権は関西大学冬木研究室(代表者冬木正彦、以下「提供者」と呼ぶ)に帰属しています.
 CEASバージョン2系については,以下の「CEASバージョン2系入手条件」にて配布いたします.

CEASバージョン2系入手条件

CEASバージョン2系ソフトウェアは以下の1.~11.の条件をご了承いただけるという前提で無償提供いたします.現在無償提供を行っているバージョン2系ソフトウェアの最新バージョンはバージョン2.4です.以下では,過去に提供した2系のバージョンを総称する場合には,CEAS2と表記します.
 
CEAS2をインストールされた段階で,以下のことに合意いただいたものとみなします.
 
1. CEAS2の知的財産権は関西大学冬木研究室とパナソニックラーニングシステムズ株式会社に帰属する.
 
2.CEAS2は学校,教育機関にて使用する.
 
3.CEAS2を営利目的に転用しない.
 
4.無償で提供するのは以下のものに限ります.
 
      ・ソースプログラム
      ・インストール手順書
      ・CEAS2.0導入と運用の手引き
      ・CEAS2.0利用の手引き(学生向け)
      ・CEAS2.0利用の手引き(担任者向け)
      ・CEAS2.0授業資料・記述式テスト・出席確認 クイックガイド(担任者向け)
      ・CEAS2.0を用いた授業実施手順書
 
    利用者は必ず提供者より上記のものの配布を受けるものとし,利用者から第三の利用者への配布は禁止いたします.
 
5.インストール・運用は利用者の自己の責任と負担にて行うものとする.
 
6.提供者はCEAS2に瑕疵(バグ)がないことや瑕疵が修正されることを保証するものではなく,かつ,瑕疵に対する責任を負うものではありません.
 
7.CEAS2の利用により利用者および第三者に生じたいかなる損害も提供者はその責任を問われないものとする.
 
8.利用者は次のサイトでCEAS Communityのユーザー登録を行い,CEAS2を利用する上で疑問に思ったこと,意見,質問などがあれば,コミュニティーの掲示板に書き込むものとする.
      http://ceascom.iecs.kansai-u.ac.jp/
 
9.CEAS2のログインページはユーザーの利用開始時に必ず表示するものとし,このページの上記第1項の著作権表示は変更しないこととする.
 
10. CEAS2のソースプログラムの改変を行った場合には,そのソースプログラムをCEAS Communityの登録ユーザーに公開することを要望するものとし,利用者は出来る限りその要望を尊重する.なお、利用者から第三の利用者への直接配布は禁止する.
 
11.非営利目的の教育機関が,CEAS2を利用した業務運営を第三者に契約を通じて委託する場合には,「CEAS使用許諾契約書」の内容を確認し,「CEAS使用許諾条件に関する同意書」を提出するものとする.
 
  上記の記載の条件に沿わない利用をされた場合はプログラムの削除をお願いし,ソースプログラムを回収する場合があります.
  CEAS2に関して個別のサポートは致しませんが,上記第8項に記載のサイト上にFAQ,掲示板,お問い合わせページがありますのでご利用ください.
 
以上

最終更新日: 2010年9月10日(金) 15:50 JST; 1,697 閲覧件数